[PR]

 集団予防接種が原因のB型肝炎を20年以上前に発症し、症状が治まった後に再発した福岡県の60代男性2人が、国に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が15日、福岡高裁であった。山之内紀行裁判長は、国に計2675万円の支払いを命じた一審・福岡地裁判決を取り消し、請求を棄却した。男性側は上告する方針。

 控訴審判決は、損害賠償の請求権が消滅する20年(除斥期間)の起算点を、国側の主張通り「最初の肝炎の発症時」と認定。「除斥期間の経過後の提訴で、請求権は消滅している」と判断した。原告弁護団によると、全国に同様の原告が約90人いるといい、影響を与えそうだ。

 国の給付金の仕組みでは、男性2人が発症した慢性肝炎の場合、提訴が除斥期間内であれば1250万円が支払われるが、除斥期間が経過していると150万~300万円にとどまる。2人も300万円を提示されていた。

 2人はそれぞれ1987年と9…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら