[PR]

 山形県川西町出身の作家・劇作家、故井上ひさしさんがかつて校長を務めた「遅筆堂文庫・生活者大学校」が13日、同町のフレンドリープラザで開かれた。「社会における公平とは何か」をテーマに、元文部科学事務次官の前川喜平さんの講演などがあった。

 井上さんは2010年4月9日に死去した。同大学校は生活者の視点で暮らしを見直す講座で、今年で32回目。この日は全国から約450人が受講した。

 前川さんは「現在、行政が政治に忖度(そんたく)する場面が多い」とし、「理由は一人ひとりの個の弱さ。寄らば大樹の陰、長いものには巻かれろという人が多いのではないか」と指摘。「公平な社会」について「憲法の精神が尊重されている社会。個人の尊厳を自分にも他者にも認めあうことが一番大事な原点だ」と話した。

 14日は同プラザで井上さんを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら