お母さん、見てるはず 「はなちゃんのみそ汁」高2の春

有料記事

金子元希
[PR]

 11年前にがんで他界した福岡市の安武(やすたけ)千恵さん(当時33)を悼むコンサートが3月、東京で開かれた。当時5歳の娘はなさん(16)も舞台に立った。母亡き後、教えを守ってみそ汁をつくった姿は「はなちゃんのみそ汁」として本や映画になった。この春から高校2年生。演奏とダンスで、成長した姿を母に届けた。

 3月23日夜、東京・赤坂のライブハウス。6組が出演したコンサート「いのちのうた」で、肩が少し透けた黒い服のはなさんが洋楽に合わせてダンスを披露すると、約100人から拍手が送られた。

 アンコールの演奏ではキーボ…

この記事は有料記事です。残り1142文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント