[PR]

 千葉県船橋市の京成電鉄の踏切の遮断桿(かん)を切断したとして、県警船橋署は13日、同県市川市の板金業の男(53)を器物損壊の疑いで逮捕し、発表した。「仕事があるのに車が動かなくなったことに腹が立ち、やってしまった」と話し、容疑を認めているという。

 署によると、男の逮捕容疑は13日午前7時~7時半ごろ、遮断桿2本をノコギリのようなもので切断したというもの。切断した後、自動車で踏切を渡る様子が目撃され、車のナンバーから特定したという。当時、人身事故の影響で遮断桿は下りたままになっていた。