[PR]

 14日午前6時55分ごろ、和歌山県御坊市のJR紀勢線(きのくに線)御坊駅構内の車両留置線で、4両編成の列車の一部が脱線した。乗客はおらず、運転士と車掌にけがはないという。この影響で紀勢線の印南―紀伊由良間では、午後9時までの約14時間にわたって運転を見合わせた。

 JR西日本和歌山支社によると、列車は午前7時14分に御坊発和歌山行きで営業運転するため、留置線からホームに向かう途中だった。留置線から本線へ線路を切り替える操作を誤ったとみられ、列車の2両目の一部の車輪がレールから外れた状態になり、運転士が停止したという。