[PR]

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦から一夜明けた14日、男子ショートプログラム(SP)、フリーでともに3位に入った宇野昌磨(トヨタ自動車)が、来季への意気込みを語った。報道陣との主なやりとりは以下の通り。

 ――大会を振り返って。

 「楽しかった。個人の試合とは違って、いつもは1人で戦っているところが、みんなで戦える。逆に緊張するところもあれば、楽しいところもあって、って感じでしたね」

 ――今季は「順位にこだわりたい」と自分にプレッシャーをかけていた。

 「自分の強いところ、弱いところに気づいた。今まではプレッシャーがかからずに試合をしてきて、プレッシャーがかかった時にどうなるのか。いろんなことを経験して、今後自分がどうするべきか、どうしたいかっていうのが分かった1年だった」

 ――これまでの試合を楽しむ戦い方と今季の戦い方、どちらが自分に合っているか。

 「うーん、どっちもどっちだと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら