[PR]

 人工知能(AI)研究の第一人者、松尾豊・東大大学院教授のサテライト研究室が14日、香川県三豊市財田庁舎にオープンした。市内に詫間キャンパスのある香川高専と市、松尾研究室の連携する拠点「みとよサテライト」として、人材育成と事業創出に取り組む。

 松尾教授は坂出市出身。旧財田町の議場を改装した講義室で記念講演し、AIの「ディープラーニング」(深層学習)による画像認識が、ここ数年で人間より正確になったと紹介。「コンピューターに目ができた」と表現した。

 また、片付けロボットを例に挙げ、高専生が得意なロボットや装置などのハードと、ディープラーニングを組み合わせることで、「大きな産業が生まれるに決まっていて、世界が競っている。トヨタ、パナソニック、ソニーのような企業が生まれる可能性がある」と展望を語った。送電線を点検するロボットなど、高専生がすでに取り組んでいる事例発表もあった。

 山下昭史市長は取材に対し、「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら