[PR]

 春は出会いの季節。転勤や人事異動などに伴い、名刺を作り直す機会も多いはず。人にやさしい点字入りの名刺はいかがですか。

 三重県津市大門の「伊藤印刷」は点字入りの名刺を10年近く前から取り扱う。店頭には凹凸のついたサンプルが並ぶ。社長の伊藤誠司さん(50)は「まだ認知度は低いですが、2枚目の名刺としてお買い上げいただく方もいます」と話す。

 点字の打刻を請け負っているのは、松阪市の「松阪しょうがい者支援センター・ポケットハウス」。一般企業で働くことが難しい障害者に雇用契約を結ばない緩やかな形で働く機会を提供し、訓練などの支援をする「就労継続支援B型」の施設だ。10人ほどが内職や野菜の箱詰め作業などをしている。伊藤さんが施設の理念に共鳴し、発注するようになった。

 自閉症の一人の男性が一枚一枚…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら