[PR]

 統一地方選の後半戦のうち、86市長選と294市議選、東京の特別区の11区長選と20区議選が14日告示され、午後5時に立候補の届け出が締め切られた。津市長選や高松市長選など27市長選と、福井県敦賀市議選など11の市議選が無投票で当選が決まった。

 市長選の無投票の割合は31・4%。前回の30・3%をわずかに上回り、3割という高い割合が続いている。

 県庁所在地市では、2市長選が無投票となった。津市長選では、現職の前葉泰幸氏(57)が3選し、2回連続の無投票となった。高松市長選では、現職の大西秀人氏(59)が4選した。無投票当選は3回目となった。北海道伊達市長選と茨城県日立市長選は、いずれも5回連続の無投票だった。

 市議選が無投票になったのは、北海道歌志内市(定数8)▽山形県寒河江市(同16)▽茨城県結城市(同18)▽新潟県小千谷市(同16)▽福井県敦賀市(同24)▽愛知県みよし市(同20)▽長久手市(同18)▽佐賀県多久市(同15)▽大分県津久見市(同14)▽宮崎県小林市(同19)▽鹿児島県枕崎市(同14)。計182人の当選が決まった。

 歌志内市は3回連続、多久市と津久見市も2回連続の無投票。多久市は今回定数を16から15に減らしていた。

 一方、女性候補者の割合は増えた。市議選に立候補した計8063人のうち、女性は1394人(17・3%)で、前回の1260人(15・0%)を上回った。区議選も計1078人中、286人(26・5%)で、前回の273人(24・1%)より増えた。

 いずれも、すでに始まっている衆院大阪12区と沖縄3区の補欠選挙や、16日告示の町村長選、町村議選とともに、21日に投開票(東京都内の一部は翌日開票)される。