[PR]

 オランダ西部ロッテルダムで不妊治療にあたっていた男性医師が、患者に無断で自らの精子を体外受精に使い、少なくとも49人の子どもが誕生していたことが分かった。AFP通信が12日、患者を支援する団体の話として伝えた。同様のケースで生まれた子どもが他にもいる可能性が指摘されている。

 AFP通信や英BBCによると、問題となっているのはヤン・カルバート医師で、精子提供者の情報を偽装した疑いが浮上した2009年、自身の病院を閉院。17年4月に89歳で死亡した。

 患者らはその後、子どもがカル…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら