[PR]

 15日午前8時25分ごろ、岐阜市近島5丁目の県道で、乗用車など6台がからむ玉突き事故があった。50代の男性が、約1時間後に搬送先の病院で死亡し、40代の女性1人がけがをした。

 岐阜県警岐阜北署によると、現場は片側2車線の直線道路。亡くなった男性が運転していた乗用車が、渋滞していた車列の最後尾に追突し、前の車が玉突きでぶつかったという。巻き込まれた車のうち1台は、左隣の車線にはみ出し、さらに別の車に追突したという。署が詳しい事故原因を調べている。