[PR]

 熊本県玉名市のJR新玉名駅に15日、この夏に県内などで開催される全国高校総体をPRするカウントダウンボードがお目見えした。県内のトップを切って玉名市で7月29日から始まるレスリング競技にあわせ、電光掲示板に開催まで「105」日の文字が表示された。

 ボードは地元の玉名工業高校電子科の3年生3人が制作した。高さ216センチ、幅92センチ。開催までの日数を表示するほか、県北で開催される競技や日程、大会のマスコットキャラクター「ウイニンくん」やスローガンの「響かせろ 我らの魂 南の空へ」などがデザインされている。

 高校総体開催のカウントダウンボードは県庁や熊本空港、JR熊本駅に設置されており、これで4基目。18日にはJR新八代駅にも設けられる予定。

 高校総体夏季大会は7月24日~8月20日、熊本、鹿児島、宮崎、沖縄の4県をメインに開かれる。全30競技のうち、県内では7競技があり、県北では玉名市のレスリングに加え、ハンドボール(山鹿市など)、ボート(菊池市)の3競技が開催される。(尾立史仁)