5月1日の天皇の代替わりを前に、朝日新聞社は全国世論調査(郵送)を実施した。「皇室に親しみを持っている」との回答が76%に上り、本社調査では「過去最高」となった。

 「皇室への親しみ」については、過去の本社調査でも尋ねてきた。面接や電話など調査方法が異なるため単純比較はできないが、「親しみを持っている」はミッチーブームに沸いた現天皇、皇后両陛下の結婚直前の1959年2月調査では60%だったが、78年12月と82年12月の調査では40%台に落ち込み、「持っていない」の方が上回った。

 天皇陛下が即位した直後の89年1月の調査では、54%が「持っている」と回答。皇太子ご夫妻の結婚直前の93年4月に67%、翌94年5月に71%と上がり、今回はさらに上回った。

 結婚や代替わりなどの大きな行事でメディアへの露出が増えるに伴い、親しみも増す傾向がうかがえる。

 男女別で見ると、親しみを持っていると答えたのは男性は73%、女性は79%。女性は40代以上すべての年代で80%を超えた。特に55歳の雅子さまと同世代の50代女性は84%で、全世代を通じて最も高かった。

 年代別では18~29歳は60%なのに対し、50代は81%、60代80%、70歳以上79%と、中高年層でより高い傾向となった。

 一方、将来の天皇が退位したいとの気持ちを示した場合、「お気持ちを尊重して退位を認めるべきだ」が61%、「状況に応じて慎重に判断すべきだ」が35%で、「退位は認めるべきではない」は1%だった。

 また、11月に予定されている大嘗祭(だいじょうさい)について、政府は宗教色があるものの、公的な性格があるとして国費の支出を決めたことについて、政府の判断を「評価する」は53%、「評価しない」は38%だった。(喜園尚史)