[PR]

 環境省は16日、2017年度の温室効果ガスの排出量(確定値)は、前年度比1・2%減の12億9200万トン(二酸化炭素〈CO2〉換算)だったと発表した。太陽光発電の発電量が2割増えるなど再生可能エネルギーの導入が進み、4年連続で減少した。ただ、減少幅は前年度並みにとどまった。

 同省によると、再生エネの拡大や、関西電力高浜原発(福井県)などの再稼働で原発の発電量が1・8倍に増えたことなどから、排出全体の9割超を占めるCO2は11億9千万トンと前年度から1・5%減ったという。

 一方、17年度は全国的に冬の気温が低かったことから、家庭部門のCO2排出は1億8600万トンで前年度から0・6%増えた。冷蔵庫などの冷媒に使われる代替フロン類の排出もCO2換算で4490万トンと5・4%増加した。

 政府は30年度までに、森林吸収分を含めて排出の26%削減(13年度比)をめざし、17年度時点では8・4%減となった。原田義昭環境相は「まだまだ相当な施策の強化が必要だ」と話した。