[PR]

 徳島県三好市池田町の中心街にある商店などで27日から、体験型のイベント「いけだマチの寺子屋」が始まる。それぞれの店主やスタッフが、その道のプロならではの技や知識を参加者に伝授する。5月6日まで。

 参加するのは町内の13店舗・事業所。薬剤師による薬の話(30日)やメイクレッスン(5月6日)などのほか、レストランと居酒屋による「オジサンのための旨(うま)い酒と肴(さかな)の課外授業」(29日)など、二つの事業所や店が協力した「コラボ講座」もある。新元号を迎えるのに当たり、「令和」を書く書道教室の講座(5月1日)もある。

 会場は交流拠点施設の真鍋屋「MINDE」や元喫茶店「俊屋」、各店舗。参加費は講座により無料から3千円。商品の販売はしない。申し込みは直接各店へ。各講座の詳細が書かれたプログラムは「MINDE」や三好市観光協会などで配布中。フェイスブックページ「いけだマチの寺子屋」でも紹介している。(福家司)