[PR]

ロスジェネはいま

 ボランティア元年と言われた阪神淡路大震災(1995年)、NPO法施行(98年)を経て、企業的な手法で社会課題に挑む「ソーシャルビジネス」が2000年代に広まった。

 有名大学を出て大企業に入り、結婚してマイホームを購入する――。そんな方程式が崩れ、就職氷河期に世に出たロストジェネレーションに、社会起業家として存在感を示す人たちが出てきた。

 認定NPO法人「フローレンス」代表、駒崎弘樹さん(39)も先駆者のひとりだ。病児保育問題の解決を目指して05年に全国初の「訪問型病児保育サービス」を始め、利用する会員は7千人を超える。そんな駒崎さんからみた、ロスジェネの課題とは。そして希望とは。

様々なものが崩れた時代

 ――駒崎さんの学生時代も就職氷河期でした。私も41歳のロスジェネ。就活に苦労し、うちひしがれている仲間たちを間近で見てきました。駒崎さん自身の経験を振り返り、どんな世代だと感じますか。

 「僕らの世代は、ロストジェネレーション、失われた世代という言葉が本当に似合う。それは、様々なものが崩れていった時代を生きてきたからです」

 ――崩れた様々なものとは。

就職氷河期に社会に出た世代に、「ロストジェネレーション」と名付けたのは、朝日新聞です。40歳前後となったロスジェネは今も不安定雇用や孤立に向き合っています。生き方を模索する姿を伝え、ともに未来を考えます。

 「中学生のころに阪神淡路大震…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら