[PR]

 トラックドライバーは「産業の軸」――。そんなメッセージを訴える映像がユーチューブにアップされた。つくったのは、運送会社の現役社員と長距離ドライバーの2人。「しんどい仕事」と敬遠されがちなイメージを少しでも変えたいという。

 映像は約4分間。雪が舞う道や夜間の高速道路を走るトラックや、荷物を積み込む様子などが音楽とともに流れる。そして出てくるテロップ。「世間に問いたい。我々は底辺職なのか」「いや、違う。我々は産業の軸だ」

 「松本運送」(神戸市)で配車係として働く加藤光世さん(34)と、運送業者「和興」(長崎県諫早市)の長距離ドライバー、平松広也さん(32)が制作した。「Axis(軸) Log(物流) Project」と名付けたプロジェクトで、今回の映像が第1弾だ。

 加藤さんは「『底辺職』という言葉は賛否あると思うが、運送業界に勤めていることを隠しがちな風潮もある。もっと堂々と胸を張って仕事をしようという思いを込めた」。もともとツイッターなどで運送業界について発信していた。今回、映像をつくるためツイッターで動画の提供を広く呼びかけたところ、全国から約40の動画が集まった。映像制作会社でも働く平松さんが編集した。

 運送業界は高齢化や人手不足が深刻だ。このため、「とくに若い人たちにアピールしたい」(平松さん)と、音楽のプロモーション動画のような仕上がりを意識した。

 今後も撮影会などを開いて定期的に映像をアップしていく考えだ。加藤さんは「映像を公開した後、『仕事へのモチベーションが高まった』という感想ももらった。どんどんドライバーの仕事を伝えていきたい」と話す。映像は(https://www.youtube.com/watch?v=e-SWu2ECyqA別ウインドウで開きます)で。(中島嘉克)