[PR]

 共産党の小池晃書記局長は15日の記者会見で、自由党の小沢一郎代表が求める参院岩手選挙区(改選数1)の野党統一候補の擁立作業やり直しについて「私たちはこの問題について議論し直すのは全く考えていない。あり得ない話だ」と拒否する考えを示した。

 岩手では、共産、自由、社民3党で統一候補を決めたが、小沢氏が国民民主党に配慮して再調整を求めていた。小池氏は、小沢氏から近く提案があるとの見通しを示した上で、「現地でかなり話し合いを積み重ねた。岩手は絶対勝たなければいけない選挙区の一つ。この候補者で、国民民主党を含めて一致して進むことを期待したい」と強調した。再調整には、社民も難色を示している。