[PR]

 世界最大級の自動車展示会「上海国際モーターショー」が16日、中国・上海市で開幕した。中国政府が強める環境規制に対応するため、世界の自動車メーカーが電気自動車(EV)を積極的に発表。トヨタ自動車は2020年に中国で発売するEVの小型SUV(スポーツ用多目的車)「C―HR」を世界初公開した。

 トヨタは燃費などの規制が強まる中国で「C―HR」を生産・販売し、長期的な成長が見込める巨大市場での競争力を高める。吉田守孝副社長は「中国の未来の自動車社会のお役に立ちたい」と話した。トヨタは「C―HR」を皮切りに、20年代前半までに世界で10車種以上のEVを投入する計画だ。

 ホンダや日産自動車も新たなEVを発表した。三菱自動車はプラグインハイブリッド車、マツダは燃費性能を高めたガソリン車の試作車をそれぞれ出展する。(上海=細見るい、友田雄大)