拡大する写真・図版ダンス練習を繰り返す樹梨杏さん=名古屋市中区

[PR]

 好きな人と人前で手をつなぐ。10年前、ささやかな願いをかなえられなかった女性は、後にレズビアンであることを公にして舞台に立った。名古屋のレズビアンらで結成したLGBTQアイドルグループのリーダー樹梨杏(じゅりあん)さん(32)は「生きやすい時代だったら、アイドル活動はしていなかった」と断言する。

拡大する写真・図版自身の経験を話す樹梨杏さん=名古屋市西区

初恋は中2、女子校の同級生

 初恋は中学2年生。通っていた中高一貫の女子校で同学年の子だった。

 《最初は憧れの先輩を見ている感覚だと思っていました。一緒にいたいという気持ちは募っていきました。でも相手は女の子。この気持ちをどう処理していいのかわからなかった。高校に入ると「同性を好きなのは私だけなのかな」と、不安になりました。》

 大学生だった20歳の時、初恋の女性と再会。交際を始め、自分たちがレズビアンなのだと知った。話を聞いてもらいたくて、2人で名古屋市中心部のゲイやレズビアンが集うバーに通うようになった。

 《2人で行ける唯一の場所でし…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら