アホウドリ調査40年 5千羽回復に「やりきった!」

有料会員記事

科学医療部記者・米山正寛
[PR]

【e潮流】

 伊豆諸島・鳥島に春と秋に上陸し、約40年にわたってアホウドリの観察を続けてきた東邦大学名誉教授の長谷川博さん(70)が、今春は出かけなかった。初めてこの無人島を訪れた頃は推定200羽に満たなかったが、昨年に約25倍まで回復したのを見届け、「やりきった!」と野外調査からの引退を決めたためだ。

 アホウドリは北太平洋に数百万羽いたと考えられている。それが良質の羽毛を目当てにした乱獲で数を減らした。最後の繁殖地とされた鳥島でも1949年には絶滅したと思われたが、51年に再発見された。しかし、65年に島の火山活動が活発化したのを機に観察は途切れた。

 長谷川さんは京都大学の大学…

この記事は有料会員記事です。残り785文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら