[PR]

 戦国時代の忍術を体験する「小田原城NINJA館」が20日、神奈川県小田原市の小田原城二の丸でオープンした。北条氏に仕えたとされる忍者をモデルに、入場者は壁を乗り越え、池を歩いて、忍び足で「機密情報」に迫る。家族連れや外国人に楽しんでもらい、市は小田原城で新たな客層の獲得をめざす。

 入場直後、「小田原北条氏は陰で支えた忍び・風魔(ふうま、忍者)の能力を利用し、戦った」と映像で紹介。豊臣秀吉の大軍が小田原を包囲すると、「豊臣の陣地に忍び込み、情報を城へ届けよ」と入場者に「忍務」を与える。

 入場者は「忍術体験ゾーン」で、壁をするすると上る侵入術や、池に浮かぶ「蓮(はす)の葉」の上を歩いて渡る水術に挑む。からくり屋敷では、うぐいす張りの廊下を忍び足で歩く。音を立てると「くせ者!」と声が飛び、窮地に陥る。「実戦ゾーン」ではスクリーンの敵に、腕を懸命に振り下ろして「手裏剣」を投げ、戦の勝敗を競う。

 江戸時代にも活躍した伊賀や甲…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら