[PR]

 理化学研究所などは18日、他人からつくったiPS細胞を目の難病の患者5人に移植した臨床研究について、術後1年の経過を発表した。移植した細胞はがん化せず、強い拒絶反応もなかったことから、安全性が確認できたという。他人のiPS細胞を使った移植で、1年間の安全性を検証した報告は初めて。

 理研などの研究チームは2017年3~9月、他人のiPS細胞からつくった網膜の細胞を、失明のおそれがある網膜の病気「加齢黄斑変性」の60~80代の男性5人に移植した。他人のiPS細胞は患者本人のものに比べ、費用や準備期間を抑えられる。

 東京都で同日始まった日本眼科学会総会で発表した理研の高橋政代プロジェクトリーダーによると、移植した細胞はがん化することなく、1人に軽い拒絶反応があったものの、薬を使ったところ治まった。移植した細胞は5人とも定着しているという。

 高橋さんは「目的は達成された。これで他人のiPS細胞の安全性は確認できた」と話す。今後、治療の実用化に向け企業で治験が始まる予定だ。加齢黄斑変性以外の病気の臨床研究も進めるという。(後藤一也)

     ◇

 〈iPS細胞(人工多能性幹細胞)〉 皮膚や血液などの細胞に特定の遺伝子を導入し、心臓や神経、肝臓などさまざまな細胞になれる能力を持たせた細胞。無限に増やすことができる。山中伸弥・京都大教授らが2006年にマウスで、07年にヒトの細胞で作製に成功。山中氏は12年、ノーベル医学生理学賞を共同受賞した。iPS細胞を使った再生医療の研究は世界で広がっている。病気の仕組みの解明、創薬研究など幅広い応用も期待されている。