[PR]

 立山黒部アルペンルートの最高地点・室堂(標高2450メートル)付近で、そそり立つ雪の壁の間を歩く「雪の大谷ウォーク」が16日に始まった。ルートが全線開通したものの荒天で雪の大谷ウォークが中止になった前日から一転、青空が広がり、笑顔で写真を撮る観光客らでにぎわった。

 米ニューヨーク市から訪れたドン・コテイさんは「昨日とは変わって晴れて良かった。写真を友人に送っても信じてもらえないほど美しい」。16日が誕生日だというマレーシア人のオードリー・イーさん(45)は、雪の壁に触れながら「巨大なケーキで祝ってもらっているみたい」と10代の息子2人と喜んだ。

 スノーボードをするため剱岳方面に登るという長野県木島平村の半沢章人さん(57)は「標高3千メートルを滑る解放感を楽しみたい」と話していた。

 室堂ターミナルでは、案内係の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら