[PR]

 原子力発電所の建設計画があった三重県南部、大紀町の芦浜を見おろす山を歩いた。かつて海があった場所が隔離されてできた海跡湖(かいせきこ)のある芦浜は、今も中部電力の社有地で、登山者の立ち入りは禁止されている。芦浜を囲む尾根をめぐり、光あふれる熊野灘の眺めを楽しんだ。大型連休にお薦めの日帰りコースだ。

 4月半ば、大紀町錦の日の出公園から、まず姫越山を目指した。登山道は津波避難用の鉄階段から始まる。30分ほどで錦漁港を見おろす展望地に着く。その先はウバメガシに囲まれた気持ちのいい尾根道だ。

 登山道には109メートルごとに「1町」から「24町」までの木札が立つ。姫越山山頂は「23町」の先にある。1時間半ほどで着いた。弧を描く芦浜と、浜の内側には海跡湖の芦浜池が見えた。

 山頂から尾根を東に30分ほど…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら