[PR]

 囲碁の第57期十段戦五番勝負(産経新聞社主催)の第4局が19日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で打たれ、挑戦者の村川大介八段(28)が井山裕太十段(29)に226手までで白番中押し勝ちし、シリーズ3勝1敗で十段のタイトルを初めて奪取した。規定により、20日付で九段に昇段する。一方の井山は、昨年の碁聖、名人に続く失冠で、四冠に後退した。

 村川・新十段は兵庫県西宮市出身。2002年、11歳10カ月で関西棋院にプロ入り。名人戦リーグには7期連続で在籍中だ。

 14年末に初の七大タイトルとなる王座を井山から奪ったが、その後は対井山戦で13連敗。しかし、今期十段戦第2局で連敗を止めると、第4局まで3連勝で初の十段獲得を決めた。村川は「連敗していた相手で信じられない。王座を取った時は満足してしまったので、気を引き締めたい」と話した。

 一方、井山が四冠に戻るのは3年5カ月ぶり。15年11月の王座奪還以降、五冠以上を維持していた。年内の七冠再復帰も消えた。「また一から力を蓄えて戻ってきたい」と語った。(高宮正尚)