[PR]

 「男か女か」。サザエ一家は生まれてくる「皇太子のお子さん」に上製うな丼を賭けた。結果は「男」に賭けたカツオの一人勝ち。掲載は1960年2月23日の徳仁親王(浩宮)誕生の翌々日。カツオ、誇らしげに食べている。

 象徴天皇制を研究する河西秀哉名古屋大学大学院准教授(41)に漫画を見てもらった。「面白いですね。賭けの対象になるとは。今の新聞漫画にない大胆さです」。河西さんによると、50年代、皇太子妃候補報道が過熱、雑誌では妃候補がクイズの対象となった。「天皇制が大衆の消費の対象になった時代です」。ただ漫画には時代の「限界」も感じるという。

 「今なら他人の子どもが生まれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら