[PR]

 映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットを受け、「クイーン+アダム・ランバート」が来年1月に来日公演を行うことが決まった。1975年に初来日して羽田空港に降り立った「クイーンの日」にあたる17日、明らかにされた。

 来日公演は2016年以来となる。

 フレディ・マーキュリーの半生とクイーンの名曲誕生などを描いたこの映画は、昨年10月に英国で最初に公開されて以降、世界の興行収入は4月10日までに8億9916万ドル(約994億円)に達したという。

 中でも日本は、昨年11月9日の公開から4月11日までに興収128億5651万円を記録。本国である英国を上回るヒットとなり、観客が一緒に合唱する「応援上映」などでクイーンを知らなかった若い世代にも熱烈に支持されるなど、社会現象となった。

 世界的なヒットを受け、クイーンは昨年12月に今夏の北米ツアーを発表していたが、今回、日本ツアーの日程が追加された。

 クイーンは、ボーカルのフレディ、ギターのブライアン・メイ、ベースのジョン・ディーコン、ドラムスのロジャー・テイラーで71年に結成。74年の「キラー・クイーン」で注目された。

 75年発表の「ボヘミアン・ラプソディ」は最高傑作といわれ、英国では9週連続1位を記録。その後も「愛という名の欲望」「地獄へ道づれ」が全米1位になるなど、世界的な人気を得た。

 85年の「ライブ・エイド」で圧倒的なパフォーマンスを見せたが、91年、フレディがHIV感染症による肺炎のため45歳で死去した。97年にジョンが音楽活動を離れた後も、ブライアンとロジャーはクイーンとして、ポール・ロジャースやアダム・ランバートらと活動を続けている。

 日本との関わりは深い。フレディを含む4人で6度の来日公演を行った。初来日の際、それまで彼らが経験したことがないほど熱狂的な歓迎を受けたことから、感謝の思いを込めて後に「手をとりあって」を発表。来日公演では観客が合唱するおなじみの曲になっている。

 来年1月25、26日にさいたまスーパーアリーナ、28日に大阪・京セラドーム、30日にナゴヤドームと3都市を回る。主催は朝日新聞社など。(坂本真子)

■メンバーがコメント「日本との…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら