[PR]

 都心の夜空に鳴り物を使った応援歌が響く。「ラグビーの聖地」と言われる秩父宮ラグビー場(東京都港区)で10日、サッカーJリーグのルヴァン杯、FC東京―鳥栖が行われた。水曜日の夜、雨が降りしきる悪条件で入場者数は5181人。会場は普段のラグビーの試合とは違ったにぎわいに包まれた。

 都心一等地の便利さや、グラウンドと客席の近さ。ラグビーファンには当たり前の秩父宮の長所が、サッカーのサポーターには新鮮だったようだ。鳥栖ファンの20代女性は「臨場感があって、専用スタジアムみたい」と話した。

 FC東京の本拠・味の素スタジアムは陸上トラック付きだ。今秋のラグビーワールドカップに向け、平日に改修しているため、秩父宮が代替会場になった。1999年からFC東京を応援しているという後藤満さん(65)は、「この先も秩父宮でホームゲームができれば」と冗談めかした。

 敬意を表したのは、FC東京の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら