[PR]

 富山大付属病院は16日、患者のコンピューター断層撮影(CT)の画像診断報告書について、がんの疑いがあるとの指摘を担当医が見落としていたことを明らかにした。患者はがんが進行して死亡した。見落としと死亡との因果関係は「ない」と説明している。

 同病院によると、患者は数年前に泌尿器科でがんの手術をし、定期的に検査を受けていた。昨年春にCT検査を受け、放射線科の医師が新たながんの疑いを報告書で指摘したが、泌尿器科の担当医が見落とした。

 患者は夏に腹痛や食欲不振を訴え、秋にCT検査を受けたところ、疑いが指摘されたがんが進行していることが判明。同病院は患者と家族に謝罪したが、患者は今年春に亡くなった。

 長島久・病院長補佐は記者会見で、がんの進行が早く、全身に広がっていた可能性もあるため、見落としていなくても「恐らく救えない状況だった」と説明した。(吉田真梨)