[PR]

 埼玉県川口市と千葉県松戸市で公立夜間中学がそれぞれ開校し、16日に入学式があった。外国人人口の増加などに伴って需要が高まったためで、文部科学省によると公立夜間中学の開校は22年ぶり。

 川口市で開校した市立芝西中陽春分校は新入生77人のうち47人が外国籍で、中国人は最多の21人。2021年には専用校舎を新設し、将来的に240人を受け入れる構想もある。入学式ではペルー人のナベダ・セバスチャンさん(18)が「中学で十分に勉強できず、もう一度勉強したいと思っていた。卒業したら専門学校に進んで料理を学びたい」とあいさつした。

 1985年に市内に自主夜間中学を開き、公立夜間中学開設を求めてきた「埼玉に夜間中学を作る会」の野川義秋代表(70)らも式に出席。野川さんは「34年かかったが、新しい学びの機会が生まれた。言葉にならない」と感極まった。

 松戸市にできた市立第一中学校みらい分校には、外国籍の9人を含む10~70代の22人が入学した。入学式ではブラジル国籍の西チヨカさん(49)が新入生を代表して「中学時代は欠席が多く、学校生活をやり直してみたいと何度思ったことでしょう。たくさんのことを吸収し、仲間と一緒に人生の新たな一ページを築いていきたい」と誓いの言葉を述べた。

 夜間中学は戦後の混乱期、昼間に働く子どもたち向けに夜間に授業を行ったのが始まり。1950年代には80校以上あったが、現在は川口市と松戸市の両校を含めて9都府県の33校。文科省は教育の機会を提供するため、47都道府県での設置を推進しており、茨城県常総市が2020年4月、徳島、高知両県が21年4月をメドに開校する方針を示している。(堤恭太、青柳正悟)

■「毎日通えば何か変わる…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら