[PR]

 元号が「平成」から「令和」になる5月1日、佐賀県多久市は午前8時半から午後5時15分まで、婚姻届を受け付ける窓口を市役所玄関ホールに設ける。

 2人で提出前の婚姻届や額入りの「令和」の書を持って、市のキャラクター「多久翁さん」などが描かれたパネルを背景に記念撮影ができる。多久翁さんにちなむ書類入れやメモ帳など5点が贈られる。

 土日祝日や平日の閉庁時間は、いつもは宿直の警備員が受け取って、次の平日に市職員に引き継いでいるが、市民から「5月1日に婚姻届を出せるか」などの問い合わせが複数あったという。

 市のパソコンから出る書類が「令和」になるか確認するため、市民生活課の職員2人が連休中のどこかで役所に来る必要があり、初日に合わせた。

 担当の徳永健さん(46)は「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら