[PR]

 約半世紀前にモンゴル・ゴビ砂漠で長い前あしの化石だけが見つかり、これまで「謎の恐竜」と呼ばれていたデイノケイルス。北海道大学などの国際調査チームが2006年と09年に新たに見つけた2体の化石をもとにした全身復元骨格が完成し、北海道内の作業場で報道陣に公開された。

 デイノケイルスは、1965年にゴビ砂漠の7千万年前の地層から、長さ2・4メートルの前あしの化石が発見された。名前は「恐ろしい手」を意味し、大きなかぎ爪を持つことに由来する。前あしの化石が見つかって以降詳しいことがわからなかった。

 調査チームの研究によって、オルニトミモサウルス類の恐竜と判明。主に植物を食べていたと考えられる。長い前あしは熊手のように植物を寄せ集める役割をしていたらしい。

 復元された骨格は全長約12メートル。高さ約4・5メートル。北大総合博物館の小林快次教授は「前あしからだけでも大きな恐竜とは想像していたが、組み上がると本当に大きいと思った」と驚きを隠さない。

 また、北海道むかわ町で見つか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら