[PR]

 エジプト国会は16日、大統領任期の延長や軍の役割強化などをうたった憲法改正案を、賛成多数で可決した。22~24日に予定される国民投票で過半数が賛成すれば成立する。実現すれば、軍出身のシーシ大統領は最長で2030年までの続投が可能になる。

 本会議での採決に臨んだ議員554人のうち531人が賛成、22人が反対、1人が棄権した。

 主な改正点は、大統領の任期を現在の4年から6年にする▽大統領を長とする「高等司法評議会」を設けて司法機関に関する事柄を決める▽軍の役割に「憲法と民主主義の擁護」を加える――など。

 14年に初当選し、18年に再選されたシーシ氏の任期は22年までだが、暫定条項で「18年の当選日から6年。その後、一度だけ立候補できる」としたため、改正が実現して選挙で選ばれれば、30年まで大統領を続けられる。当初の改正案は34年までの続投を可能としていたが、国会での審議で短縮された。

 シーシ氏は、「アラブの春」で…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら