[PR]

 日本人は魚好きで、ロシア人は肉好き。だから当然、日本人はロシア人よりたくさん魚を食べている――。長年、そう思い込んでいた。

 日ロの公式統計によれば、ロシア人1人あたりの魚介類の消費量は21.5キロ(2017年)で、日本人の24.6キロ(16年)と大差ない。日本で魚離れが進んでいることもあるが、ロシアは日本に肩を並べる魚食大国なのだ。

 市場に行けば、タラやサケ、ニシンなど、北国ならではの魚の冷凍や塩漬けなどが並んでいる。その中で、ひときわ高価な値段で異彩を放っているのが、ロシアで「皇帝の魚」と呼ばれるチョウザメだ。

 「黒いダイヤ」と言われるチョ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら