[PR]

 インドネシア大統領選が17日、投開票された。多くの民間調査機関の集計で、現職のジョコ・ウィドド大統領(57)の得票率が、元陸軍幹部で野党党首のプラボウォ・スビアント氏(67)を上回っている。プラボウォ氏は敗北を認めていないが、ジョコ氏の再選が確実視されている。

 「2024年までの大統領と副大統領として、国民から信認された」。ジョコ氏の陣営は17日夜、声明でジョコ氏のこうした発言を伝え、正副大統領を選ぶ選挙での事実上の勝利宣言をした。それに先立つ会見では「もう一度、同じ国のきょうだいとして団結しよう」と国民に呼びかけていた。

対照的な2人の対決

 選管は5月22日までに結果を確定する。一方で、複数の民間調査機関が全国規模の集計を即日実施した。多くの集計でジョコ氏の得票率は55%前後、プラボウォ氏は45%前後と、約10ポイント差がついている。

 プラボウォ氏も17日夜に会見し、約6割を得票したと「勝利」を主張した。だが、民間調査機関は過去の選挙でも公式結果に近い数字を出し、信頼性は高いとされる。

 今回の大統領選は、14年の前回と同じ顔ぶれに。貧しい家庭出身で政治エリートや軍出身ではない初の「庶民派大統領」ジョコ氏と、独裁政権を敷いたスハルト元大統領の元娘婿のプラボウォ氏という、対照的な経歴の持ち主の一騎打ちとなった。

 ジョコ氏は、インフラ整備や教育、医療などの充実を実績としてアピール。ジョコ氏に投票したジャカルタの主婦エルビ・フォンティアニさん(41)は「クリーンな政治姿勢と親しみやすさ。大いに期待している」と話した。

■足踏み続く経…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら