[PR]

 中国の2019年1~3月期の国内総生産(GDP)は、物価の変動を除いた実質で前年同期比6・4%増(速報)だった。18年10~12月期から横ばいで、同年4~6月期から3四半期続いた実質成長率の鈍化に歯止めがかかった。18年秋以降、中国政府が進めてきた景気刺激策の効果が出たとみられる。国家統計局が17日発表した。

 1~3月期の主要な経済統計をみると、経済成長への貢献が大きい消費は、小売総額が前年同期比8・3%増。前年同期から伸び率が1・5ポイント下落した。

 建物や工場など固定資産への投…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら