[PR]

 サッカーJ1のセレッソ大阪の森島寛晃社長と監督、選手らが17日、大阪市の松井一郎市長を表敬訪問した。森島社長は「大阪市の皆さんにサッカーを通じて元気になってもらう取り組みをしたい。松井市長にも試合に足を運んでもらいたい」と語った。

 森島社長はロティーナ監督、ともに元日本代表の清武弘嗣、柿谷曜一朗両選手と訪問。ユニホームをプレゼントされた松井市長は「徹底的にセレッソ応援団として頑張っていきたい」と語り、現在リーグ13位のチームの上位進出に期待した。

 セレッソは5月25日にヤンマースタジアム長居で行われるFC東京戦を「大阪市民招待デー」として、申し込みした先着1万人を無料招待する。申し込みはインターネットで。(楢崎貴司)