[PR]

 東日本大震災で爆発事故が起きた東京電力福島第一原発。神奈川県横須賀市出身で福島在住のフリーアナウンサーが、福島県内外の大学生らを同行し、構内を歩く企画を重ねている。若い世代に、原発の現状をきちんと知ってほしいとの思いからだ。線量計を携えて、事故が起きた原子炉建屋のすぐそばまで近づく。「現場から何かを感じ取ってほしい」と語る。

 大和田新(あらた)さん(64)。横須賀で生まれ、大学卒業まで過ごした。その後は福島で長年、名物ラジオアナウンサーとしてならした。震災が起きた2011年3月11日は、被災者を励まそうとスタジオから夜通し語りかけた。翌12日に同原発が爆発。15年3月の定年退職後も、ラジオ番組を持つ傍ら同原発に通い続けている。

 4月16日、大和田さんは横浜市港北区に住む慶応大3年の秋圭史さん(21)と東京都内に実家がある福島大4年の川島史奈さん(21)を連れて同原発の構内に入った。大和田さんに同行するのは4度目という川島さんが、学生間のコミュニティーで知人だった秋さんを誘った。

 大和田さんは構内に入る前、爆…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら