[PR]

 宮城県の大崎地域広域行政事務組合消防本部は、スマートフォンなどから聴覚や言語機能に障がいのある人が119番通報できるシステムの運用を始めた。外出先からでも利用でき、スマホの位置情報から通報場所が素早く特定できるという。

 総務省が導入を進めている「Net119緊急通報システム」。スマホなどから通報用Webサイトにアクセスして「救急」か「火事」か通報理由を選択、現在地を入力すると消防本部につながる仕組み。詳細はテキストによるチャット機能で確認する。

 利用できるのは大崎広域管内の大崎市、色麻、加美、涌谷、美里の各町に在住か通勤・通学している人で、事前に登録が必要。申請書は消防本部のホームページから入手できる。

 県によると、仙南地域広域行政事務組合消防本部も導入しており、他の消防本部でも準備を進めているという。(角津栄一)