[PR]

 「子育て応援寄付つき自動販売機」を17日、東京都国立市が子ども家庭支援センター前に設置した。売り上げの一部が市の子育て関係費用に充てられる仕組みで、市は同センターの利用者にアンケートを取って決める予定という。

 包括協定を結んでいる西都ヤクルト販売(八王子市)の協力で実現した。自動販売機には、子どもに人気の高い飲むヨーグルト「ジョア」など、約20種類の飲料をそろえた。市は今後、公共施設などに増設していく方針という。永見理夫市長は「子どもたちに直接還元し喜ばれるような手立てを考えたい」と話した。(大賀有紀子)