[PR]

 17日午後0時15分ごろ、熊本市中央区水前寺公園の11階建てのマンションの外壁が落下し、近くを走行していた乗用車のガラスを突き破った。乗っていた2人が軽傷を負った。

 熊本東署によると、屋上近くの南東側から、タイルが張られた外壁が縦約80センチ、横約30センチにわたり落下した。外壁は、道路を走行中だった乗用車の助手席側の窓ガラスを破って車内に入り、運転していたパート女性(28)が腕に打撲を、後部座席にいた女性もガラス片で切り傷を負ったという。

 同じ壁面の別の場所もはがれ落ちる恐れがあったため、警察が周辺を交通規制した。

 マンションの管理会社などによると、マンションは11階建てで、2014年に完成。17年7月に外壁のタイルを調査した際に一部が浮いていたため、落下の危険がある部分をはがしていたという。今回外壁が落ちたのはこうした処置の対象外の部分だった。(吉備彩日、杉山歩)