相撲道に生涯捧げる決意の白鵬 決断を後押ししたものは

有料会員記事

竹園隆浩
[PR]

 横綱白鵬が引退後も角界に残り、相撲道に生涯を捧げる決意を固めた。17日、日本国籍取得の手続きを進めていることを認めた。法的に認められれば、白鵬は引退後には「親方」として年寄名跡を取得し、日本相撲協会で活動を続けることが出来ることになる。

外国籍だと親方になれず

 協会では、力士が引退する際に年寄名跡を取得出来なかった場合には、部屋の経営などに携わる親方にはなれない。条件は、実績と日本国籍。歴代最多42度の優勝がある白鵬は、実績は十分ながら、モンゴル国籍のままだと条件から外れるため、角界を去らねばならない形だった。

 以前の白鵬は日本国籍を持たないまま、大鵬、北の湖、貴乃花に続く「一代年寄」の授与を強く希望していた。だが、協会側は北の湖前理事長(元横綱)時代から、外国籍の年寄誕生には一貫して否定的だ。

 理由は「相撲は日本の文化…

この記事は有料会員記事です。残り346文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら