退位に向けた伊勢神宮での儀式に臨むため三重県伊勢市に入った天皇、皇后両陛下は、17日午後5時前に近鉄宇治山田駅に到着。雨の中、大勢の市民らが出迎えた。市や伊勢商工会議所などでつくる「御大礼奉祝委員会」は同日夜、伊勢神宮内宮前の「おはらい町」でちょうちん行列を開催。約2千人が参加し、内宮にかかる宇治橋までの約800メートルを練り歩いた。

 参加した俵照子さん(80)は、子どもの頃から沿道で皇族を見てきたという。「(天皇陛下が)美智子さまとご結婚され、その際も沿道まで見に行った。天皇、皇后ご夫妻の(在位中)最後の伊勢参拝を見られて光栄だ」と話した。