森喜朗氏、突然退任の理由 ラグビー協会へメッセージ?

有料会員記事

野村周平
[PR]

 日本ラグビー協会森喜朗名誉会長(81)=元首相=が17日、同協会理事会に急きょ出席し、同職の退任を表明した。複数の協会関係者によると、森氏は自身が身をひくことで、暗に岡村正会長(80)ら執行部の退任と、役員の若返りを求めたと見られる。

 森氏は理事に対し、若手の理事が力を発揮できる環境にないことや協会が9月に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)で主導的な役割を果たしていないことなどに苦言を呈したという。森氏は常々、協会がW杯後の日本ラグビー界の将来像を描けていないことに危機感を抱いていた。

 日本協会は6月に2年に1度…

この記事は有料会員記事です。残り542文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら