[PR]

ロスジェネはいま

 増える非正社員、広がる格差、膨らむ不安……。ロストジェネレーションを巡る状況はいまも深刻だ。平成から令和に時代は移るが、問題は解消されないまま引き継がれる。思わず暗い未来を想像してしまうが、「令和の時代、平成の遺産を活用すればロスジェネは救われる可能性がある」という識者がいる。42歳の同世代だからこそ語れる思いを聞いた。

 「若者を安定した雇用に引き戻すのは難しい。はしごを外したのは、上の世代。最低限の生活を保障するセーフティーネットを充実させるしかない」

 《2007年1月の朝日新聞の連載記事で注目されるようになったロスジェネ問題。30歳の若手社会学者だった阿部真大さん(42)は当時、記者の取材に、そう答えていた。

就職氷河期に社会に出た世代に、「ロストジェネレーション」と名付けたのは、朝日新聞です。40歳前後となったロスジェネは今も不安定雇用や孤立に向き合っています。生き方を模索する姿を伝え、ともに未来を考えます。

 ロスジェネ。10代のころにバ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら