[PR]

 「今回ほど距離感を感じたことはない。こんなにかみ合っていないのか」

 トヨタ自動車の2019年春闘。回答日を1週間後に控えた労使交渉の場で、豊田章男社長はいらだちを隠さなかった。

 1台の車を共同利用するシェアリングや日進月歩の自動運転技術など、業界を取り巻く環境は激変。競争相手はグーグルなど海外の巨大IT企業にも及ぶ。自身が「生きるか死ぬか」と表現する危機感が社内で共有されていない。そんな問題意識があふれ出ていた。

 交渉は長引いた。

 回答日の数日前にトヨタ労使が賃上げ議論に決着をつけ、内容が報じられるとそれをほかの国内企業の労使が自社の賃上げの参考にする――。従来の春闘ではそんな構図が続いてきた。トヨタが「相場役」と言われてきたゆえんだ。

 今年は最終盤になっても決着がつかず、労使の議論は夜通し続いた。

 「今日中に方向性が出る状況ではない。時間がかかっている」。回答日前日の3月12日夜。トヨタ労使の決着をいまかいまかと待ち構える報道陣に囲まれ、トヨタ自動車労働組合の上部団体幹部は困惑した様子で同じ説明を繰り返した。

 結果が組合員に伝えられたのは、回答日当日の早朝。トヨタ労使の決着内容が回答日当日まで報道されなかったのは、1兆円の経常利益を見込みながらベアゼロ回答となった02年以来だった。

 回答の中身も異例だった。組合…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら