三重県伊勢市に滞在中の天皇、皇后両陛下は18日、伊勢神宮での退位に向けた儀式「神宮親謁(しんえつ)の儀」に臨んだ。在位中最後の地方訪問で、沿道などで多くの市民が出迎えた。

 天皇陛下はこの日午前、豊受大神(とようけのおおみかみ)をまつる外宮に参拝。モーニング姿で、歴代天皇に受け継がれる「三種の神器」の剣と璽(じ)を捧げ持った侍従らと参道を進んだ。続いて、白い参拝服姿の皇后さまが外宮に参拝した。午後には天照大神(あまてらすおおみかみ)をまつる内宮に参拝する。即位後、両陛下の伊勢神宮訪問は5回目。(島康彦