[PR]

 小学6年と中学3年を対象にした文部科学省の全国学力・学習状況調査が18日、県内でも実施され、約550校の約3万4300人が参加した。

 中学3年は国語、数学と今年度から実施された英語の計3教科。国語と数学は今年度から従来の基礎的な知識を問うA問題と応用的なB問題が統一された形式の問題が出題された。英語は「聞くこと」「読むこと」「書くこと」「話すこと」の4技能について調査された。小学6年は国語と算数のみ受けた。

 岡山市北区北長瀬本町の県立岡山大安寺中等教育学校では3年生約160人が調査に臨んだ。同日午前8時半ごろ、教諭2人が生徒たちに解答用紙と問題用紙を配り、記入方法などを説明していた。

 県は児童・生徒の学力の伸びなどを調べるため、小学3~5年、中学1、2年を対象にした独自の学力調査を同日実施した。国語と算数(数学)で、中2のみ英語も受けた。(沢田紫門)