[PR]

 外務省が23日の閣議で配布する2019年版の外交青書で、18年版にあった「北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていく」という表現が削除されることがわかった。政府関係者が明らかにした。拉致問題の打開に向けて、北朝鮮が反発する表現を変えることで前向きな対応を引き出す狙いだ。

 外交青書は毎年発行され、国際情勢や日本外交について、政府としての現状認識や方針が示されている。政府関係者によると、18年版では北朝鮮の核・ミサイルに関する政策を変えさせるため、「北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていく」としていたが、19年版では削除される。北朝鮮の核・ミサイルの増強については18年版では「重大かつ差し迫った脅威」としていたが、北朝鮮は18年以降、核実験をしたり、弾道ミサイルを発射したりしていないことから、削るという。

 拉致問題については「北朝鮮に対する国際社会の圧力をテコとして、北朝鮮に拉致問題の早期解決を迫っていく」としていたが、表現が改められる。ただ、「拉致問題の解決なくして国交正常化はあり得ない」との基本的な立場の記述は残すという。

 表現を変える背景には、安倍晋…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら